胃痛・腹痛

胃痛

注意が必要な胃痛症状

胃痛胃痛でも、鋭い痛み・鈍い痛み、脈打つような痛み、締め付けられるような痛み、他の症状をともなうなど症状にはいくつもの種類があります。緊急性が高くない胃痛、翌日など早めの受診が必要な胃痛、速やかな受診が必要な胃痛について知っておくことで、適切な対応ができるようにしておきましょう。

緊急性が高くない胃痛

  • 胃痛が短時間で治まる
  • 胃痛が1回だけで繰り返し起こることがない

早めの受診が必要な胃痛

  • 胃痛が長期間続く
  • 胃もたれをともなう
  • 胸やけをともなう
  • 繰り返し起こる胃痛
  • 胃痛だけでなく、発熱・便秘・下痢などの症状がある

速やかな受診が必要な胃痛

  • 冷や汗が出る
  • 鋭い痛みが急激に起こった
  • 嘔吐や吐血をともなう
  • 痛い部分を指で押し、離した際に痛みが増す
  • 歩くなどの動作で痛みが響く

また、症状の内容だけでなく、痛みの強さによっても緊急性が変わってくる場合があります。痛みの感じ方は個人差が大きいので、胃痛があった場合はできるだけ速やかに消化器内科を受診しましょう。

胃痛の主な原因

細菌などの病原体や胃酸の過剰分泌などによって胃粘膜が傷付く、または胃の機能が低下することで胃痛が起こることがあります。主な原因には、食事や飲酒、ストレス、ピロリ菌などがあります。

食生活

暴飲暴食、刺激物やアルコールの過剰摂取、脂肪の多い食事などによって過剰な胃酸分泌を起こすと胃粘膜が傷付いて胃痛が起こることがあります。

ストレス

消化器の機能は自律神経がコントロールしています。緊張や不安と言ったストレスがあると自律神経のバランスが乱れて胃の機能低下や胃酸の過剰分泌を起こし、胃粘膜が傷付いて胃痛が起こることがあります。

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)

ピロリ菌に感染すると胃にピロリ菌が住み着きます。ピロリ菌はウレアーゼという酵素を生成して尿素をアンモニアに変え、周囲を中和します。こうしたピロリ菌の働きによって胃粘膜が慢性的な炎症を起こし、胃痛の原因になります。

胃痛をともなう消化器疾患

急性胃炎

突然、強い胃痛を起こします。胸やけや吐き気などをともなうこともあります。暴飲暴食やアルコールの過剰摂取などによって起こることが多く、細菌やウイルス感染、ストレスなどによって生じることもあります。

慢性胃炎

長期間に渡って胃粘膜の炎症が続いている状態です。胃痛症状が続き、胃の膨満感、吐き気、胸やけ、むかつきなどをともなうこともありますが、それほど強い症状を出さずに慢性胃炎が続くケースもありますので注意が必要です。炎症と修復が繰り返されると胃粘膜が萎縮して、胃がん発症のリスクが上昇してしまいます。ピロリ菌感染が主な原因ですが、食生活やストレスも発症に関与しています。

胃食道逆流症・逆流性食道炎

胃酸を含む胃の内容物が逆流して、食道粘膜が炎症を起こしている状態です。胸やけ、呑酸、胃やみぞおちの痛み、喉の違和感、咳などの症状を起こします。逆流性食道炎は粘膜にびらんが見られる状態であり、粘膜に器質的な異常がなく、同様の症状がある場合は非びらん性胃食道逆流症と呼ばれます。加齢によって発症しやすいとされていましたが、現在では食生活や腹圧上昇などが原因で発症するケースも増えています。

逆流性食道炎はこちら

胃・十二指腸潰瘍

潰瘍は粘膜がえぐれるように深く傷付いている状態です。胃酸は食べ物を溶かし、病原体を殺菌・不活化するほど強力な酸性の液体です。胃粘膜は粘液によって胃酸によるダメージから守られ、傷付いても修復されますが、なんらかの原因で胃液が粘膜を溶かしてしまうと潰瘍となります。胃潰瘍の場合は食後に胃痛が起こることが多く、十二指腸潰瘍では空腹時の胃痛が多くなっています。胃痛以外にも、むかつきや吐き気、腹部膨満感などの症状を起こすことも多く、潰瘍からの出血によって吐血やタール便、貧血などを起こすこともあります。出血が疑われる場合はできるだけ早く消化器内科を受診してください。

機能性ディスペプシア

消化器粘膜に器質的な異常がなく、胃・食道・十二指腸などの症状が現れる疾患です。胃痛以外の主な症状には、胃もたれ・吐き気・膨満感などがあります。検査では異常なしとされて適切な治療を受けられていないケースがありますので、気になる症状がある場合にはご相談ください。

治療方法

生活習慣の改善と薬物療法を主に行いますが、必要に応じて漢方薬処方も併用しております。

生活習慣の改善

食事内容の見直し、3食を規則正しい時間に食べるなどの生活習慣改善を行います。

薬物療法

胃酸分泌抑制薬を中心に、症状に応じて胃の機能を改善する薬などを処方します。

漢方薬

症状・体質などに合わせて処方しております。漢方薬には、自律神経のバランスを整える作用や、消化機能を正常に導くものなどがあります。

胃痛がある時の検査方法

疾患の有無を調べ、適切な治療につなげるために、必要に合わせて各種の検査を行います。

腹部エコー検査

超音波を当てて、肝臓・胆のう・膵臓の状態を確認します。

血液検査

炎症の有無を調べます。

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)

食道・胃・十二指腸の粘膜を直接観察して、炎症や潰瘍など器質的病変の有無や程度を調べます。胃カメラ検査では、ピロリ菌感染の有無も確認できます。また、出血している場合の止血処置、アニサキス症のアニサキス摘出なども可能です。当院では実施しておりませんので必要がある場合には、連携先医療機関をご紹介いたします。

胃痛を放置する危険性

胃痛はさまざまな胃疾患に共通した症状であり、適切な検査を行わないと原因疾患はわかりません。また、胃がんのように深刻な胃疾患でも軽度の症状しか現れないこともあります。些細な症状でも放置せず、胃痛がある場合は消化器内科を受診してください。特に繰り返し胃痛を起こす場合は早めの受診をおすすめします。

腹痛

注意が必要な腹痛症状

腹部にはさまざまな臓器があり、腹痛を起こす原因疾患も数多くあります。痛みの種類や性質、痛む場所、他の症状をともなうかどうかなどによって疑われる疾患も変わってきます。緊急性が高くない腹痛、翌日など早めの受診が必要な腹痛、速やかな受診が必要な腹痛についての知識を持っておき、腹痛が起きた際に適切な対応ができるようにしておきましょう。

緊急性が高くない腹痛

  • 軽い腹痛
  • 腹痛が短時間で治まる
  • 腹痛が1回だけで繰り返し起こることがない

早めの受診が必要な腹痛

  • 腹痛が長期間続く
  • 便秘・下痢・発熱などをともなう
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 食事をすると腹痛を起こすことがある

速やかな受診が必要な腹痛

  • 腹痛に血便や黒いタール便がともなう
  • 腹痛に吐血がともなう
  • 刺されるような強い腹痛
  • 歩くなどの動作で痛みが響く
  • 痛い部分を指で押し、離した際に痛みが増す

腹痛の強さによっても緊急性が変わってくる場合があります。痛みの感じ方は個人差が大きいので、腹痛があった場合はできるだけ早めに消化器内科を受診してください。

腹痛が発生する原因

細菌やウイルス感染、潰瘍性大腸炎やクローン病、大腸がん、過敏性腸症候群など、腹痛を起こす大腸疾患は数多くあります。症状だけでは原因がわからないため、腹痛がある場合は消化器内科を受診して原因を確かめることが重要です。

腹痛をともなう消化器疾患

緊急性の高い消化器疾患

腸閉塞

腸管が塞がってしまっている状態です。緊急性が高く、速やかな受診が必要です。

急性虫垂炎

一般的には盲腸と呼ばれていますが、細長い虫垂部分に炎症を起こしている状態です。炎症が悪化すると激痛が起こることがあります。状態によっては緊急手術が必要になることもあり、速やかな受診をおすすめします。

急性胆のう炎

胆のうに急性の炎症を起こしている状態で、主な原因は胆のう管内に胆石が詰まることです。重篤な症状の場合には緊急手術が必要になります。

急性膵炎

膵臓が炎症を起こしている状態です。腹痛だけでなく、痛みが背中など広範囲に及びます。アルコールの過剰摂取が発症に関与するとされています。

S状結腸軸捻転など

S状結腸がねじれ、血流障害を起こしている状態です。血流が止まると壊死する可能性があり、状態によっては緊急手術が必要になります。

早めの受診が必要な消化器疾患

急性胃炎

暴飲暴食やストレスなどによって胃粘膜が急性の炎症を起こしている状態です。

胃・十二指腸潰瘍

粘膜が深くえぐれるように傷付いている状態が潰瘍です。進行すると出血を起こし、黒いタール便や吐血、貧血を起こすこともあります。出血している場合、そして傷が深く穿孔を起こす可能性がある場合にはすぐに病院を受診してください。

急性腸炎

腸内に炎症が起きている状態です。細菌やウイルス感染、潰瘍性大腸炎やクローン病など、さまざまな大腸疾患の可能性があります。消化器内科を受診して原因を確かめ、適切な治療につなげましょう。なお、脱水症状が起こりそうな場合にも速やかな受診が必要です。

胆石症

胆のうに胆石ができている状態です。胆石が胆のう管内に詰まって炎症を起こす急性胆のう炎では激しい腹痛を生じます。

尿路結石

尿路結石で最も強い痛みを生じるのは腎臓と膀胱の間をつなぐ尿管に結石が詰まる尿管結石です。腹痛や腰痛を起こすこともありますが、左右の背面部に激しい痛みを生じることが多くなっています。結石の大きさによって適した治療法が異なります。

胃がん・大腸がん

胃がんや大腸がんはかなり進行しないと痛みの症状を起こすことは少ないため、こうした原因で腹痛を起こしている場合には早急な治療が必要です。

過敏性腸症候群

主に、腹痛と下痢や便秘といった便通異常の症状が起こる疾患です。腸管の機能をコントロールしている自律神経が緊張や不安などのストレスによってバランスを崩すことで腸の機能が低下して発症すると考えられています。

過敏性腸症候群はこちら

大腸憩室炎など

大腸粘膜に袋状の憩室ができている状態です。憩室があっても特に問題はありませんが、憩室に炎症を起こした場合、この部分の粘膜が薄いため穿孔するリスクが高く、早急な治療が必要になることがあります。

腹痛の場合の診断方法

胃カメラ検査

上腹部に痛みがある場合は、胃カメラ検査で食道・胃・十二指腸の粘膜を直接観察して疾患の有無や状態を調べます。当院では実施しておりませんので必要と判断された場合には、連携している医療機関をご紹介し、速やかに適切な検査・治療を受けていただけるようにしております。

大腸カメラ検査

大腸疾患が疑われる場合には、大腸カメラ検査で大腸全域の粘膜を直接観察して疾患の有無や状態を調べます。当院では実施しておりませんので必要と判断された場合には、連携している医療機関をご紹介し、速やかに適切な検査・治療を受けていただけるようにしております。

X線検査

腸閉塞などが疑われる場合に行われます。ガスの状態なども確認できます。

腹部エコー検査

腹痛の原因を確かめるために行われる検査で、診察室で気軽に行うことができ、胆石、胆のう炎、尿路結石、肝のう胞、膵のう胞といった疾患の発見につながることもよくあります。エコー検査では超音波によって体内の状態をリアルタイムに観察でき、胎児の状態を確認するためにも使われる安全性の高い検査です。痛みや苦しさがなく、下剤を飲むなどの前処置も必要ありません。
肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓・前立腺・膀胱・尿管などの観察が可能です。また、内視鏡検査では観察できない腸管のむくみなども確認できます。

治療方法

薬物療法

腹痛の原因を確かめ、状態に合わせた治療を行います。他診療科の専門的な検査や治療が必要な場合や、入院・手術が必要と判断された場合には、連携している医療機関をご紹介し、速やかに適切な検査・治療を受けていただけるようにしております。

腹痛を放置する危険性

腹痛は胃や腸など消化器からの重要なサインであることが多く、他にもさまざまな臓器に原因が隠れている可能性もあります。深刻な消化器疾患ではかなり進行しても軽い腹痛程度しか起こさないこともありますので、気になる症状があった場合には早めに消化器内科を受診して原因を確かめましょう。

TOPへ